寝れない

眠れない、寝れない、寝付けない

どうしても眠れないなら病院に行こう!

読了までの目安時間:約 2分

 


 不眠症で悩んでいるけれど病院に行くのは嫌だ、と思っている人はたくさんいます。

しかし、いつまでも眠れない日々を過ごしていると、体調を崩すだけでなく、再度眠れるようになるまで長い時間がかかってしまうようになります。

このストレス社会の現代で眠れない人はとてもたくさんいます。

自分だけが睡眠に問題を抱えている、なんて思わずに、気軽な気持ちで病院に行きましょう。

 

不眠の相談は何科に行けば良いか分からないという方もいますが、かかりつけの病院に相談するのが一番です。

先生によっては相談に乗ってくれる場合もありますし、近くにある病院を紹介して貰える場合もあるでしょう。

 

近くに精神科や心療内科等があれば、そのまま受診したり予約を取っても良いですよ。

 

行く病院を決めれば、どんな症状がいつから出ているのか、寝付くまでにどのくらいの時間がかかるのか、ストレスの原因等に心当たりがあるか等を、紙に書いておくと良いでしょう。

家族と一緒に暮らしている場合は、睡眠時の様子を家族見ておいてもらい、どんな様子だったかを教えて貰うのも良いですね。

 

睡眠の問題は、いつ誰がかかるか分かりません。

とても身近な問題ですから深く悩み過ぎたりしなくて大丈夫です。

もし、医師に睡眠薬等を処方されたなら、決まった用法をキチンと守って飲みましょう。

 

タグ : 

不眠の方へのマメ知識   コメント:0

理想的な睡眠前の過ごし方

読了までの目安時間:約 2分

 


 眠れないと嘆いている方が眠れるようになる為に、理想的な睡眠前の過ごし方を紹介します。

あくまでも一つのパターンですから、参考程度にしてみて下さい。

 

まず、朝や昼はしっかり太陽の光を浴びておきます。

可能であれば、軽く散歩をしたり、ヨガやストレッチなどを取り入れて適度に疲れておくと良いでしょう。

そして、昼寝は極力避けましょう。

夜になれば、食事等を済ませます。

入浴は、少し面倒でも半身浴がおすすめです。

気持良いと感じる温度で、リラックスしながら20分ほど半身浴をしましょう。

身体の芯から温まる事が出来るので、冷え症の方には特におすすめです。

上半身が冷えないように注意する事を忘れないで下さいね。

入浴が終わり、眠る1時間前くらいから電気を暗くしましょう。

出来ればテレビやパソコン等も終わらせて、ヒーリングミュージックやクラッシック等の穏やかな気持ちになれる音楽を聴きましょう。

その時、ホットミルク等の温かく落ち着く飲み物も飲むと良いですね。

少しずつ眠りにつくための心の準備が整えば、電気を消して休むようにしましょう。

 

簡単に書きましたが、このようにゆっくりと睡眠への準備をする事が大事です。

また、室温は夏なら25度前後・冬なら20度前後、湿度は50%前後が、快適に眠れると言われているので、季節に応じてエアコンや加湿器等を利用しましょう。

 

タグ : 

不眠の方へのマメ知識   コメント:0

今眠りたい時にすぐ出来る対策

読了までの目安時間:約 2分

 


 今すぐ眠らなければ、明日の仕事に響いてしまうという方や、いつもより早く起きる用事があるのに眠れないという方にとっては、即効性のある対策が必要ですね。

そんな時には、即効性があると言われている方法をいくつか試してみましょう。

 

まず、落ち着いて温かい飲み物を飲みましょう。

コーヒーや紅茶は避けて、ホットミルク等がおすすめです。

温かな飲み物を飲む事によって、身体全体が温まりリラックス出来る状態になります。

そのままゆっくりと横になると、眠れるという方も多いので試してみましょう。

 

そして、眠る時に何かを抱いてみるのもおすすめです。

一番のおすすめは抱き枕ですが、予備の枕や、少し大きめのくたっとしたぬいぐるみなどがあればそれでも大丈夫です。

枕などを抱く事によって、精神的に安心して落ち着くのはもちろんですが、体重が分散される事も良い効果をもたらしてくれます。

抱き枕も様々な形や触り心地、硬さなどがあるので、自分が気持ちいいと思える抱き枕を見つけられると良いですね。

 

そして、アイマスク等をしてみましょう。

単純に感じるかもしれませんが、アイマスクなどは意外と効果的です。

眠れないと自然に目を開けてしまい、目を開けるとうっすらと景色が見え、色々な物が気になってさらに覚醒してしまうのです。

アイマスクをすると目を開けても閉じても同じ真っ暗な景色ですから、自然と目を閉じます。

目を閉じてリラックスする事は、少しでも身体の疲れを癒す為には、とても大切ですよ。

 

タグ :

不眠の方へのマメ知識   コメント:0

食べ物にも工夫しましょう

読了までの目安時間:約 2分

 


 食事は生物が生きて行く為に必要なエネルギーを補給する為だけの行為ではありません。

友人と楽しい食事をすればストレスが発散される事からも、精神の安定においてとても大事な役割を持っています。

友人と一緒に食事をしなくとも、食べる物を少し工夫するだけで、眠りの問題を解決する一歩にもなってくれますよ。

不眠の方におすすめの食べ物を考えてみましょう。

 

まずは、牛乳です。

眠れない人は、寝る前に温めた牛乳を飲むと安眠に効果的、と昔から言われるほどに効果があります。

自然な甘さと、温める事によって身体も温まり眠りやすくなると言われています。

 

次に、セロリとキャベツです。

セロリの香りには、興奮している神経を鎮める効果があります。

不眠と言うのは、神経が過度に興奮した状態です。

神経の興奮を抑える事によって、落ち着いて眠れるようになるのです。

キャベツにも同じような効果がありますが、生野菜は身体を冷やしてしまうので眠る前にサラダを食べる等は控えましょう。

コンソメスープなどの温かい料理に使う事がおすすめです。

 

また、玉ねぎも安眠に効果があります。

寝つきが悪くて困っている人は玉ねぎの摂取量を増やしてみるのも良いでしょう。

その時、水にさらしてはいけません。

水にさらすと効果は半減してしまいますから、水にさらさずに食べましょう。

 

タグ :

不眠の方へのマメ知識   コメント:0

寝室での工夫

読了までの目安時間:約 2分

 


 眠る前の工夫も大事ですが、眠る部屋の中を工夫してあげるのも大事です。

簡単な事だから、寝室が無いという方でも大丈夫です!

 

まず、アロマを用意しましょう。

有名なのはラベンダーですが、カモミールなどもおすすめです。

オレンジスイート等も爽やかな香りで好む方が多いです。

安眠=ラベンダー!と決めてしまわずに、落ち着くなぁと感じる香りを見つける事が大事ですよ。

香りを嗅ぐだけでリラックスさせてくれる効果があるので、気軽に始められます。

 

次に、携帯やスマホ、タブレットやパソコン等を寝室に持ち込まない事が大事です。

寝室が無い場合でも、気軽に触れる場所に置かないというだけでも良いです。

近くにあるとつい触りたくなるので、物理的に離しておくと良いでしょう。

 

最後にヒーリングミュージック等もおすすめです。

音楽があると気になって眠れないという方もいるので、全ての方に向いているというわけではありませんが、ヒーリングミュージックはリラックス効果があります。

眠りを誘うように作られたヒーリングミュージックCD等もたくさんあるので、お気に入りの1枚を見つけるとより効果的ですね。

 

明かりを消した部屋の中で心地よい音楽を聴きながら、アロマの香りを胸に吸い込めば、一日の疲れから解放される第一歩になるでしょう。

 

タグ : 

不眠の方へのマメ知識   コメント:0

1 2 3 6